検索
Coffee break column
コーヒーブレイクコラム
勉強に集中できない原因とは?集中する方法をジャンル別に解説

勉強に集中できない原因とは?集中する方法をジャンル別に解説

試験勉強に向けて勉強をしようとしても、集中力が途切れて思うように勉強が進まないという方は少なくありません。勉強に集中できない原因は人によってさまざまで、勉強の効率を上げるためには原因に応じた対策が必要です。

当記事では、勉強に集中できない原因と対策方法について解説します。勉強に集中するには、体調や目標に合った行動が求められます。勉強に集中したい人、効率よく勉強する方法を知りたい人は、ぜひご一読ください。

 

1.勉強に集中できない原因はなに?

大学受験やテストに向けて「勉強しなくては」と思っていても、長時間集中できないことは誰でもあります。集中力が続かない原因は、必ずしも本人のやる気の問題とは限りません。

なぜ勉強に集中できないのか、主な原因は下記の通りです。

机周辺に誘惑がある

机周辺にスマホやタブレット、ゲーム機、マンガなど、つい手を伸ばしてしまう誘惑がある場合、やるべきことに集中しにくくなります。「メッセージを確認するだけ」「リフレッシュに1曲だけ」と思っていても、一度触れると思った以上の時間が経ってしまうことがあります。

学校や塾の授業中と違い、誰にも咎められることなく息抜きできる環境が集中しにくくなる原因です。

満腹状態で勉強している

食事の後に勉強する方も多いのではないでしょうか。食事によって血糖値が上昇すると、眠気が起こりやすい状態になります。

出典:つばさ在宅クリニック西船橋(船橋市の内科外来と訪問診療)「糖尿病と眠気の関係について」

食事で満腹状態になり体が睡眠を求めると、勉強部屋はもちろん、図書館や自習室への移動も面倒に感じます。反対に、空腹状態のときも勉強に集中しにくくなります。

やらされていると感じている

勉強を「やらされている」と感じていることも、集中力が途切れる原因です。親や先生から勉強するように言われて、無理に勉強時間を設けている状態では当事者意識が芽生えません。

当事者意識が低いと決められた時間を机で過ごせばいいと思いやすく、勉強に集中できずだらだらと過ごすようになってしまいます。

いくつもの作業を同時に取り組んでいる

複数の作業を同時に行うのも、集中が途切れる原因です。たとえば1日に英語と数学の勉強を2時間ずつ取り組む場合、中途半端なところで次の教科に取り組むべき時間がきてしまいます。

直前まで取り組んでいた問題が頭の中に残っている状態では、別の教科に集中することが困難です。

睡眠不足である
夜遅くまで起きていたり寝つけなかったりして睡眠不足におちいっている場合も、勉強に集中しにくくなります。頭が働かない状態で無理に勉強しても、身が入りません。効率も悪くなり、ますます集中できなくなります。

このように、さまざまな要素が集中力に影響している可能性が考えられます。体調や環境、勉強方法など、個人個人の原因に合わせた対策が必要です。

 

2.【体調編】勉強に集中する方法

勉強に集中するには、大きく分けて体調、環境、計画の3つにおいて工夫する必要があります。勉強の成果を上げるために、まずは体調を整えることが大切です。

ベストコンディションで勉強すると、勉強がはかどる上に知識も身につきやすくなります。体調を整えるために実践できることとして、次の4つが挙げられます。

睡眠時間を確保する

規則正しい生活習慣で、毎日6~8時間の睡眠を確保しましょう。十分な睡眠は、頭の働きやすさにつながります。また、「22時には寝る」など時間を決めて勉強すると、生活にメリハリがつき集中しやすくなります。

日中どうしても眠いときは無理に勉強を続けず、仮眠でリフレッシュしましょう。眠りすぎないよう、仮眠は20分程度、長くても90分程度がおすすめです。

勉強直前や勉強中に運動する

勉強の直前や合間に、運動を取り入れるとリフレッシュできます。適度な運動でリフレッシュすることで再度集中できる環境が整い、作業効率の向上を期待できます。

運動が苦手な方は、無理に激しい運動を取り入れる必要はありません。散歩やストレッチ、ヨガなど軽く体を動かす程度でも十分リフレッシュできます。

食事は腹八分目にする

「眠くなるから」と無理に食事を避ける必要はなく、食事の際は腹八分目に抑えれば問題ありません。血糖値の急激な上昇が眠気につながります。

出典:つばさ在宅クリニック西船橋(船橋市の内科外来と訪問診療)「糖尿病と眠気の関係について」

食事は、炭水化物を避けつつ野菜やきのこ、海藻、こんにゃくなどを中心にとりましょう。基本的には1日3食を規則正しくとります。空腹を感じたときは、少量の甘いものを口にするのがおすすめです。

休憩をはさむ
長時間の勉強は、誰でも集中力が途切れやすくなります。勉強の効率を上げるためには、30分や1時間ごとに休憩をはさみ、頭を休ませることも大切です。音楽を聴くのもリフレッシュとして効果的です。

対策すべきと分かっていても、事情により実践が困難な場合もあります。まずは自分ができる範囲から対策しましょう。

 

3.【環境編】勉強に集中する方法

集中できない原因には、机周辺の誘惑など環境的な要素も含まれています。自宅での勉強は、環境面の対策も欠かせません。勉強がはかどる部屋にするためにも、誘惑を遠ざけ、勉強をするにあたって快適な環境を作りましょう。

勉強に集中できる環境作りのポイントは、次の4つです。

誘惑を見えないところに置く
スマホやゲーム、マンガなどの誘惑は机周辺から遠ざけましょう。手の届く範囲や目につく場所に誘惑があると、ふとした瞬間に触れてしまいます。スマホなどを触る癖がある方は、誘惑を見えないところに置き、机の上に勉強道具以外は何もない状態にすることがポイントです。
勉強内容や教科を変える

数学のみ・英語のみといったように、1つの教科に集中する必要はありません。効率が落ちてきたと感じたら、別の教科に変えて気分転換をはかるのもモチベーション維持のコツです。

同じ教科でも問題集を変えたり、苦手分野から得意分野へ変えたりすると集中しやすくなります。

勉強場所を変える

周囲の環境が変わると、集中できる場合があります。自室で勉強し続けるのではなく、気分転換にリビングに移動したり図書館や友達の家へ行ったりして勉強場所を変えましょう。自室以外の場所は、必然的に誘惑が減る点もメリットです。

また、普段からリビング学習を取り入れるなど、自室と勉強する場所を分けておく方法も効果的です。「ここは勉強する場所」と認識していれば、集中モードに切り替えやすくなります。

部屋の温度を適温に設定する

勉強に集中するためには、部屋の温度設定が適切かどうかも重要です。部屋全体または勉強机周辺が寒すぎるまたは暑すぎると、意識が不快感で支配されます。

作業効率を向上させるには、温度は17~28℃、湿度は50%程度が適切です。あくまで目安にすぎないため、体感温度に合わせて調整しても問題ありません。

自宅で勉強するメリットは、自分の状態に合わせてスケジュールや環境を変えられることです。勉強に集中しやすい環境を作り出し、自分に合った方法で効率を上げましょう。

 

4.【計画編】勉強に集中する方法

勉強をするときは、計画性をもって取り組むことも大切です。勉強の計画は、大まかな年間スケジュールの他、1日や1週間単位でこまかく決めると進捗が把握しやすくなります。

勉強に集中するためのポイントは、以下の2つです。

短時間勉強を繰り返す
長時間集中できないのであれば、短時間勉強を繰り返す方法がおすすめです。1回あたり5分・10分でも、10回繰り返すとトータルで50分・100分勉強したことになります。短時間でも、積み重ねれば勉強時間は確実に伸びます。
勉強計画を立てる
最終目標だけでなく、短期間の勉強計画を立てるのも勉強の集中につながります。大きな目標だけでは進捗が把握しにくく、集中力が削がれかねません。「○時間で×ページまでの問題を解く」など時間ごとの目標を設定するのがポイントです。

勉強の効率を上げるには、達成感を味わえるようなスケジュール設定が欠かせません。まず「いつまでに何を学習するべきか」「今日は何時までに終えたいか」と期限を把握して取り組むことがポイントです。

 

まとめ

勉強に集中できない原因は、本人のやる気の低下とは限りません。生活習慣の乱れや環境などのさまざまな要素によって集中力は低下します。

勉強に集中できないときは、体調・環境・計画の3つのポイントを工夫しましょう。食事はバランスよく腹八分目まで、良質な睡眠をとる、適度にストレッチやジョギングを取り入れる、誘惑は見えないところへ置く、勉強場所を変える、短時間勉強を繰り返すなどの方法がおすすめです。

また、大きな目標だけでなく、短期間の目標を立てるなど達成感を味わえるスケジュール設定も、モチベーションの維持に適しています。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コーヒーブレイク コラム