ゲーミングサプリメントブランド eSPORTS-SUPPLEMENT

検索
Coffee break column

受験勉強でストレスを感じる理由は?主な症状・発散方法などを紹介!

受験勉強では志望校合格へのプレッシャーや目標と現実のギャップ、勉強に対する嫌な気持ちなどから強いストレスを感じる子どもも多いでしょう。勉強のストレスを溜め込みすぎると、体に不調が表れたりやる気がなくなったりするため、ストレスは放置せず適切な方法で発散することが大切です。

当記事では、受験勉強でストレスを感じる理由や、勉強によるストレスの発散方法を7つ紹介します。「勉強にストレスを感じている」「うまく息抜きができない」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

1. 受験勉強でストレスを感じる理由は?

受験勉強でのストレスは、目標と現実のギャップや受験へのプレッシャー、勉強が嫌いな気持ちなど、さまざまな理由によって引き起こされます。

嫌いな勉強を強いられる場合や、勉強してもなかなか結果に結び付かない場合に、多くの受験生が精神的なストレスを感じ、やる気がなくなる子どもも少なくありません。勉強へのやる気がある子どもでも、「人生一度きりの受験で志望校に合格しなければならない」と、気負いすぎてストレスを感じるケースも見られます。

ここでは、勉強によるストレスの主な症状を紹介します。

 

1-1. 勉強によるストレスの主な症状

受験勉強のストレスによる主な症状には、下記のようなものが挙げられます。

【勉強によるストレスの主な症状】

  • イライラする
  • 焦りを感じる
  • 絶望感、不安感を覚える
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 暴飲暴食をする
  • 呼吸が苦しい
  • 涙が止まらない
  • 口内炎ができる
  • 肌荒れになる
  • 頭痛がする
  • 腹痛がする

勉強のストレス症状によって、受験当日に本来の実力を発揮できない、クラスメイトとのコミュニケーションが取りにくくなるなどの弊害が出る可能性もあります。志望校合格を目指すことはもちろん、周囲との調和を図るためにも、勉強のストレスによる症状が出ていないかよく確認し、適度にストレスを発散することが大切です。

 

2. 勉強のストレスを溜め込むとどうなる?

勉強のストレスを放置すると、体に不調が表れたり、記憶力・思考力が低下したりする可能性があります。体の不調としては、耳鳴りや頭痛、腹痛などの症状が表れ、受験勉強に集中できない、受験当日にパフォーマンスを発揮できないなどの悪影響が考えられます。

勉強のストレスによる体調不良を放置すると、最悪の場合は大きな病気になる可能性もあるため注意が必要です。その他、記憶力やモチベーションの低下など、受験勉強の妨げとなる症状が表れると、勉強しても思うように成績に結び付かずやる気がなくなる悪循環につながる恐れがあります。特に、勉強をしすぎて無気力状態に陥る「燃え尽き症候群」を引き起こすと、一気にやる気がなくなる子どもも多いため注意しましょう。

勉強のストレスによる心身の不調を防ぐためにも、ストレスは放置せず適切な方法で発散する必要があります。体調管理と十分な休息を心掛け、過度なストレスを避けることで受験勉強をより効果的に進めることができます。

 

3. 勉強によるストレスの発散方法7つ!

ここからは、勉強によるストレスの発散方法を紹介します。ストレス発散の基本は、程よい息抜きです。人によってしっくりくる方法は異なるため、複数の方法を試して自分のストレスをうまく発散できるポイントを見つけましょう。

 

3-1. 十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることは、受験勉強におけるストレス発散の基本です。長時間の勉強や受験日が近付く焦りから睡眠時間を削ると、脳の疲労回復が追い付かず学習効果が薄れる可能性があります。

受験勉強の合間に適度な休憩を取り入れましょう。集中力の低下を感じたときは、15分〜20分の仮眠を取り入れ、脳をリフレッシュさせるのもおすすめです。規則正しい睡眠によって、体力回復やストレス耐性の向上、記憶の定着を促進し、勉強効率を高めましょう。

 

3-2. 食事をしっかり取る

受験勉強のストレス発散として、しっかり食事を取ることも大切な要素です。不規則な食生活や偏食は、集中力低下や睡眠不足の原因となります。主食、主菜、野菜中心の副菜・汁物を揃え、バランスのよい食事を取るのが理想です。特に、ビタミンやミネラルは不足しがちなため、積極的に摂取しましょう。

緊張や疲労によって食欲がない場合は、香りや見た目で食欲を刺激する工夫も有効です。また、血糖値が急激に上昇すると眠くなりやすいため、朝食を抜くなどせず規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

 

3-3. 適度に体を動かす

受験勉強でのストレスを軽減するには、適度に体を動かすのも有効な手段です。運動によって分泌されるホルモンは、気分の高揚などに関係し、ストレス解消に役立ちます。無理のない範囲で、ウォーキングや好きなスポーツを試してみましょう。友人や家族と一緒に楽しむと、継続するモチベーションも高まります。

また、長時間机に向かって同じ姿勢を続けて凝り固まった首や肩をほぐすため、ストレッチやスクワットを取り入れるのもおすすめです。

 

3-4. 涙を流してすっきりする

涙を流して心のデトックスを行う「涙活」も、受験勉強のストレスを解消する1つの方法です。涙を流すことにより、緊張やストレスから脳のスイッチがリラックスした状態へ切り替わります。

涙活の効果を発揮するには、感動の涙や悔し涙を流すことが重要です。感動する映画やテレビドラマを観ると、自然に泣くことができるのでおすすめです。涙活によって心をすっきりさせることで、脳や心をリラックスさせながら勉強のストレスを減らせます。

 

3-5. 自分の気持ちを書き起こす

自分の気持ちを書き起こすことも、受験勉強でのストレス解消となります。不安やストレスを文字にするだけで、気持ちが整理され、冷静になれたり問題解決の糸口が見えたりします。

ノートやメモ帳があれば手軽に行える方法で、自分以外の誰にも見られないのがメリットです。感情をうまく言語化できないときは、絵や図形などを殴り書きするだけでも構いません。他人に相談しにくい、漠然ともやもやした気持ちを抱えているなどの悩みにストレスを感じるタイプの人は、自分の気持ちを思うまま書き起こしてみましょう。

 

3-6. 家族・友人・先輩に相談する

受験期の悩みについて、家族や友人、先輩に相談すると、心がすっきりしてストレス解消につながります。家族や先輩たちに相談すると、受験経験者の視点から具体的なアドバイスをもらえるでしょう。また、友人と受験の悩みを共有することで、お互いのストレス軽減が期待できます。

誰かと話すことで、「悩みや不安を感じているのは自分だけではない」と気付くこともできるため、1人で抱え込んでしまう人におすすめのストレス解消法です。

 

3-7. 好きな音楽を聞く

好きな音楽を聞くことも、受験勉強のストレス解消につながります。特に、ゆったりした音楽は、脳をリラックスさせ、集中力向上に役立ちます。受験勉強のやる気が出ないときに、好きな音楽を聞いて気分を高揚させるのもおすすめです。また、雑音が気になる場所では、好きな音楽を聞いて周りの音をシャットアウトするとよいでしょう。

ただし、人によっては勉強時間中に音楽を聞くと集中力が下がる場合があるため、自分の適性や周囲への配慮には注意が必要です。

 

4. 勉強のストレスには癒し系サプリメントもおすすめ

受験勉強のサポートとして、サプリメントを活用するのも1つの方法です。受験勉強のモチベーションを上げるには、集中力を高めたり、気持ちを切り替えられたりできるサプリメントがぴったりです。

受験勉強によるストレスには、癒し系のアイサプリもおすすめです。受験勉強の合間に癒し系のアイサプリを取り入れると、心身ともにリラックスできます。

癒し系のアイサプリ「Heal」は、e-スポーツプレイヤー向けのものですが、目によい成分が多く含まれているため、一般ユーザーにも支持されています。特に、受験勉強にのめり込むと想像以上に目を酷使していることも多く、疲れた視界をリラックスさせるのに有効です。

癒し系アイサプリ「Heal」の商品情報はこちら

 

まとめ

勉強によるストレスは、受験へのプレッシャーや現実と目標とのギャップなどさまざまな理由によって発生します。勉強のストレスを溜め込むと心身に不調が表れる可能性もあるため、程よい息抜きをしてストレスを発散することが大切です。

十分な睡眠や食事を取るほか、適度に体を動かすことでもストレス発散に役立ちます。ストレスをうまく発散できない場合は、自分の気持ちを書き起こすほか、家族・友人・先輩に相談することも方法の1つです。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コーヒーブレイク コラム