検索
Coffee break column
コーヒーブレイクコラム

仕事で急にミスが増えた原因とは?対処法や集中力アップの方法も紹介

仕事をしていて、急にミスが増えて負の連鎖を感じる人もいるでしょう。仕事で急にミスが増えることには、原因があります。原因を突き止め、適切な対策をとることでミスを防いだり回数を減らしたりすることが可能です。

そこで今回は、仕事で急にミスが増えた原因とミスを減らすための対策方法を紹介します。さらに、集中力の低下が気になる場合におすすめの対処法も紹介するので、仕事でのミスを減らしたい人はぜひお役立てください。

 

1.仕事で急にミスが増えた原因は?

仕事で急にミスが増える原因は、集中力が低下しやすい環境や状況、脳の仕組みなどさまざまです。そのため、考えられる原因を把握して適切な対策をとることが大切です。

ここでは、仕事のミスが増えた原因として脳の傾向について解説します。

 

1-1.【原因1】脳の疲労

短期間で急にミスが増えた場合、考えられる原因の1つとして脳の疲労が挙げられます。脳が疲労すると、ノルアドレナリンやセロトニンといった集中力を高める脳内物質の分泌が低下し、ミスを引き起こしやすくなります。

脳の疲労を解消するには休息が大切です。まずは根本的な対策として、睡眠時間をしっかり確保しましょう。その上で、マッサージ・ストレッチなどのリラクゼーションを取り入れると効果的です。

また、休憩時間は休息に専念しましょう。パソコンやスマートフォンの画面を見て過ごすと脳が疲れやすくなるため、休憩時間の過ごし方は散歩や昼寝など画面から離れて過ごすのがおすすめです。

 

1-2.【原因2】脳の老化

脳が老化し、認知機能が低下するとミスが増える傾向にあります。特に物忘れや度忘れが多い場合は、脳の老化が疑われます。脳の老化が認知症に発展する可能性もあるため、早めの対策がおすすめです。

脳の老化を抑制するには、日常生活の中で脳への刺激を増やすのが効果的です。手を動かしたり新しいことに取り組んだりすると脳を刺激しやすくなります。資格取得を目指す・利き手と反対の手を使うといったチャレンジに取り組んでみましょう。

また、食事や運動習慣など生活習慣の見直しも大切です。運動は、1日30分程度のウォーキングなど軽い有酸素運動を取り入れ、心身ともにリフレッシュする機会を設けるとよいでしょう。

 

1-3.【原因3】集中力の低下

集中力が低下する状況下で作業すると、ミスが起きやすくなります。たとえば、集中力は時間の推移で変動し、朝にピークを迎えると午後から夜にかけて落ちていく傾向にあります。

集中力の低下を防ぐには、複雑な作業は集中力の高い朝にすませ、集中力の波に沿って仕事を進めるのがおすすめです。徹夜や夜更かしといった生活リズムを崩す行為は、集中力を低下させる原因となります。

また、作業前にToDoリストを作るのもおすすめの方法です。リストがあれば、次にやるべき作業を探す必要がなくなり、作業に集中しやすくなります。リスト化の際は、タスクを作業単位に分解した上で優先順位を決めるのがポイントです。

 

1-4.【原因4】ワーキングメモリの低下

ワーキングメモリとは、脳の作業領域を指し、同時に仕事をさばける量を表す言葉です。1人の人間が同時にさばけるタスクの量は3つが限界で、ADHDなど注意欠陥を伴う発達障害が疑われる人は、ワーキングメモリが小さい傾向にあると言われています。

ストレスを感じたり仕事に追われたりしているとワーキングメモリが低下しやすくなり、やるべきことを忘れてミスが増えます。マルチタスク自体も脳のストレス要因となるため、極力マルチタスクを避け、一つひとつのタスクを着実にこなすことでミスを減らせます。

また、すぐにメモをとる癖をつけ、忘れても後で見返して思い出せる状況を作るのもおすすめです。

 

2.【パターン別】仕事のミスを減らすための対策

仕事でミスが増える原因にはさまざまなものがあり、パターンに合わせた対策をとることが大切です。ここでは、仕事のミスを減らすために効果的な対策を、パターン別に紹介します。

 

2-1.落ち着ける環境にする

作業環境はミスの有無を左右する要因の1つです。落ち着けない環境で作業すると集中力が散漫になり、ミスが頻発する恐れがあります。

落ち着ける環境を作るのであれば、雑音のない静かな環境が望ましいでしょう。自然音をBGMに採用するとリラックス効果があり、集中しやすくなります。

また、目に映るものにも集中力が奪われやすいので、机の上は必要最低限のものだけを置きましょう。特にスマートフォンは着信や通知が気になり集中が乱されるため、作業中はそばに置かないのがおすすめです。

 

2-2.違和感や疑問点を確認する

特に新入社員などの年次の浅い人は、違和感や疑問点は小さなことでも都度確認し、解消することでミスを減らせます。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」とも言うように、仕事の上では分かったふりや知ったかぶりは禁物です。違和感や疑問点を放置したまま仕事を続けると、恥をかくだけでなくミスにつながります。分からないことはためらわず先輩社員や上司などに確認する習慣をつけることが大切です。

ただやみくもに質問しても、必要な答えが得られないケースもあります。確認・質問する前に、何を知りたいのかを簡潔に整理しておくと、的確な質問ができます。くわえて、相手の迷惑にならないように、タイミングを見計らって質問することも重要なポイントです。

 

2-3.ミスの再発防止を徹底する

一度したミスを繰り返さないように、ミスの再発防止を徹底することが必要です。ただし、ミスを繰り返すまいと気を張るだけでは、プレッシャーやストレスからミスが再発する恐れもあります。

ミスの再発を防止するには、ミスが起きた原因を追究し、具体的な対策を考える必要があります。たとえば、情報共有不足から起きたミスであれば報連相の徹底、ケアレスミスであればダブルチェックの徹底というように、ミスの原因に応じて適切な対策をとりましょう。

 

2-4.焦らず冷静に対処する

トラブルに見舞われたりミスが発覚したりした際に、焦ると思考力や判断力を失い、余計にミスを招きます。そこで、焦らず冷静さを取り戻してから対策をとることで、よりよくリカバリーできるでしょう。

冷静に対処するためには、まずは自分の気持ちを落ち着かせることが先決です。焦っている場合は無理に落ち着こうとするのではなく、自分が焦っている状態である点に意識を向けると少しだけ焦りから解放されます。

その後、自分を落ち着かせるための行動をとりましょう。深呼吸をしたり飲み物を口にしたりすると落ち着きやすくなります。違う場所に移動してみるのも1つの方法です。いずれにせよ、焦っているタイミングではなく、少し落ち着いたところで行動に移すのがポイントです。

 

2-5.過度にマイナス思考にならない

過去にミスした経験からマイナス思考になる人も少なくないでしょう。ミスが再発しないように注意することは大切です。しかし、まだ起きてもいないミスについて考えすぎたり、不安にとらわれすぎたりすると、かえって目の前の仕事でミスすることもあります。

過度なマイナス思考に陥らないようにするためには、日頃から習慣や行動を変える方法が有効です。軽い運動で気分を晴らす習慣をつけると、マイナス思考に陥りにくくなります。また、「でも」「だって」「無理」といったネガティブな言葉を使わず、ポジティブな表現を心がけると習慣や考え方を変えることにつながるでしょう。

 

3.集中力の低下が気になる場合は?

ミスを減らすための対策は、じっくり取り組む必要があるものも多々あります。一方で、特定の栄養素を摂取することで脳の疲労を軽減させる方法もあります。集中力の低下に有効な栄養を摂る方法は、次の通りです。

・栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンクには集中力の維持・向上に役立つ成分が含まれている商品も多く見られます。疲労回復が期待できるタウリンや集中力向上が見込めるカフェインなどは、代表的な成分の例です。栄養ドリンクは医薬品・医薬部外品扱いになっているものもあります。用法・用量を守った摂取を心がけましょう。

・サプリメントを活用する

日々の食事にサプリメントをプラスするのも1つの方法です。特にビタミン類はセロトニン・ドーパミンといった集中力を高める物質の分泌に有効とされています。また、脳の酸素量を十分に保つためには、鉄分も大切です。DHA・EPAなどのn-3系脂肪酸も脳の機能向上に役立ちます。

栄養素は基本的に食事から摂取するのが理想ですが、食べられる量が限られます。食事からしっかり栄養を採った上で、栄養ドリンクやサプリメントを活用しましょう。

目の疲れにおすすめの癒し系アイサプリ【Heal】

 

まとめ

仕事で急にミスが増える原因は、脳の疲労・老化や集中力・ワーキングメモリの低下が主です。いずれも適切な対策をとることで、ミスの発生を防げます。たとえば落ち着ける環境を作る、ミスをした原因を把握する、過度なマイナス思考は避けるなどがおすすめです。

集中力の低下が気になる場合は、栄養ドリンクやサプリメントの活用も効果的です。栄養ドリンクには集中力の維持・向上をサポートする成分が含まれている商品も多くあります。栄養素を取り入れる際は、用法・用量を守って摂取しましょう。