検索
Coffee break column
コーヒーブレイクコラム

メンタルが強い人の特徴を8つ紹介│弱い人との違い4つも

メンタルが強い人とは、精神的に打たれ強い人のことを指します。周りの人の感情に左右されない自信満々な人を見ると、「自分はメンタルが弱い」「周りの顔色がいつも気になる」と後ろめたさを感じる人もいるでしょう。メンタルの強さは考え方や意識で変えられるため、メンタルの強い人になりたい場合は、メンタルの強い人の考え方や特徴をまず把握することが大切です。

当記事では、メンタルが強い人の特徴を8つ、メンタルが強い人と弱い人の違いを4つ解説します。メンタルの強い人になりたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

1. メンタルが強い人の特徴8つ

メンタルが強い人は、一般的に自己肯定感が高めです。自己肯定感とは、自分を肯定的に捉えられる能力を指します。自分の価値に対して自信を持っており、自分を好きで大切にできる人と言えるでしょう。

メンタルが強い人には他にも共通点があります。ここでは、メンタルが強い人の特徴を8つ紹介します。

 

1-1. 人を頼れる

メンタルが強い人は、必要に応じて他人を頼り、周囲のサポートを受け入れられる人です。メンタルが強い人は自分に自信があり、問題の解決に際して「他人に頼ること=弱さ」だとは考えません。

そのため、自分の限界を感じたときは周囲の人に相談し、問題解決の幅を広げて素早く対応できます。反対に人に頼れない人は、自分1人で精神的ストレスを抱え込んでしまい、心にダメージを負うケースが少なくありません。メンタルが強い人は他人への頼り方がうまく、自分へのダメージを軽減するのが上手です。

 

1-2. 考え方が楽観的

考え方が楽観的で物事をポジティブに捉えられことも、メンタルが強い人の特徴です。楽観的な人は困難な状況や状態に直面しても、「最後はなんとかなるだろう」と考えて行動します。また行動しているうちに、トラブルを乗り越える方法を見つけられるケースが大半です。

失敗や挫折を経験した場合でも、自分が成長する機会と捉える人が少なくありません。楽観的な考え方はストレスや不安を感じにくいため実力を発揮しやすくなり、さらなる自己肯定感の高まりとメンタルの強さを育む好循環が生まれます。

 

1-3. 挑戦心がある

メンタルが強い人は、挑戦心があることが特徴的です。メンタルが強い人は常に課題を見出し、目標に向かう努力を惜しみません。楽観的ではあるものの無謀な挑戦に走ることはせず、己のスキルとリスクを冷静に判断して計画的に行動・実践する力も持っています。

挑戦によって得た結果や経験を積極的にフィードバックとして活用し、失敗や挫折を糧に成長する意欲を持ちます。そのため、自分の限界を押し広げ、自己成長や自己実現により近づきやすくなるでしょう。

 

1-4. よい意味で鈍感

メンタルが強い人は、よい意味で鈍感です。よい意味で鈍感な人は、周囲の評価や批判に左右されず、些細なことでは動じません。自分の能力を信じており、物事がうまくいくと考えられるため不安や恐怖を感じにくい傾向にあります。

自分の価値観に基づいて、自分が実現したいことに向けて積極的に挑戦することが可能です。ストレスを感じる状況に直面しても、冷静に対処する力も持っています。

 

1-5. 私生活を楽しんでいる

仕事や学業以外の時間を有意義に使い、私生活を楽しめるのもメンタルが強い人の特徴です。私生活を楽しむ人は趣味やスポーツなど、自分が興味を持つことに時間やエネルギーを費やします。

家族や友人と交流し、コミュニケーションの充実を図る人も少なくありません。私生活を楽しむことにはストレスや不安を軽減する効果があり、仕事や学業においてもパフォーマンスを向上させる効果が期待できます。

 

1-6. 自分の意見を言葉にできる

メンタルが強い人は、自分の意見を言葉にして的確に説明できる人です。メンタルが弱い人のように、「他人からどう思われるか」を気にしすぎて、自分の意見や気持ちを押し込めることはあまりありません。

メンタルが強い人は、自分の考えや感情を相手からの反論や否定を恐れずに伝え、自己主張することが可能です。自分の意見を言うことには、自分の信念や価値観の強化、ストレスを軽減する効果もあり、よりメンタルへのダメージが蓄積しにくくなります。

 

1-7. 明確な目標を持っている

メンタルが強い人は、明確な目標を持って行動できる人です。自分が定めた目標をクリアすることで自己成長や自己実現を分かりやすく実感でき、達成感や充実感を得られます。

自分で決めた目標の達成に向かって思考し行動するため、余計な情報や言葉に引き摺られることはありません。適切な目標を設定すれば、達成するごとに自己肯定感も高まるため、さらなる心理的強さを養うことにもつながります。

 

1-8. 変化を柔軟に受け入れる

変化を柔軟に受け入れることも、メンタルが強い人の特徴と言えるでしょう。突然予期せぬ変化に直面したときにも過去の考え方や定石に固執せず、柔軟に対処することが可能です。

そのため、新しい環境や困難な状況に直面しても乗り越えるための方法を編み出しやすく、変化に伴うストレスも軽減される傾向にあります。変化を恐れるのではなく、新たな成長の機会としてチャレンジしようと前向きに捉えられるケースが多いのも、メンタルが強い人の特徴です。

 

2. メンタルが強い人と弱い人の違い4つ

メンタルが強いタイプの人がいる一方で、メンタルが弱いタイプの人もいます。メンタルが弱い人とはストレスや不安への耐性が低く、敏感に反応しやすい人のことです。しかし、メンタルが弱い人にも強みがあります。

例えば、感受性が高く他人の気持ちを理解しやすい、繊細で細かいことにも気づきやすい、といった強みです。メンタルが弱い人でも、自分自身の強みを見つけ、その強みを生かすことで、自分らしく生きられるでしょう。

ここでは、メンタルの強い人と弱い人で異なる考え方や反応の特徴を解説します。自分がどちらの特徴に多く当てはまるか、改めてチェックしてみましょう。

 

2-1. 人と比べるか

メンタルが強い人は、他人と比べることが少ない傾向にあります。自信があり自分で価値を認められるため、他人の評価は思考や行動に大きな影響を与えません。他人に左右されないため、自分が決めた道を真っ直ぐに歩けます。

一方、メンタルが弱い人は、他人と比べることが多い傾向が見られます。自己評価ではなく、他人からの評価によって自分の立ち位置を把握するケースが多いためです。自信がないため他人からの評価に左右されやすく、不安やストレスを感じて尻込みすることが多くなります。

 

2-2. 1人で抱え込むか

メンタルが強い人は、1人で問題を抱え込むことが少ない傾向です。自信があるため他人からのアドバイスや支援を受け入れやすく、ともに問題を解決しようとします。

一方、メンタルが弱い人は1人で問題を抱え込みがちです。メンタルが弱い人は他人からの評価に左右されやすく、自分の能力を信じ切れません。自分の弱点や失敗を受け入れがたく、他人に助けを求めることをためらい、悩みや孤独感を感じることがあります。

 

2-3. 人の顔色をうかがうか

メンタルが強い人は、人の顔色を気にすることが少ない傾向にあります。他人にどのような評価を下されても自分の存在価値は変わらず、常に自らの価値観に基づいて行動を選択できることが理由です。

一方、メンタルが弱い人は、人の顔色をうかがうことが多い傾向にあります。自分が嫌われたり、失敗したりすることを恐れる思考習慣があるためです。他人からの評価に敏感になりすぎ、不安やストレスを感じるケースも少なくありません。

 

2-4. 気持ちをすぐに切り替えられるか

メンタルが強い人は、気持ちの切り替えが上手です。失敗や挫折を経験しても、それを成長の機会と捉えられるため、嫌なことがあっても早く立ち直れる傾向にあります。

一方、メンタルが弱い人は、気持ちをすぐに切り替えられません。嫌なことがあると、長く引き摺ることが多く、負の感情に捕らわれて後ろ向きになる傾向にあります。ただ、失敗点を見つめ直し、改善する方法を模索しやすいという点はメリットとも言えるでしょう。

 

まとめ

メンタルの強い人の特徴にはさまざまあり、一般的に自分に自信があることから、他人の感情や態度に影響されません。自分の楽しいと感じることや目標に向けて頑張る挑戦心があり、素直に回りに助けを求め自分の意見を言葉にできます。

メンタルの弱い人は周りの雰囲気や機嫌、感情を繊細に読み取る人が多いです。他人からの評価で自分の価値を確認するため、他人から嫌われないように自分を変化させていきます。

ただし、メンタルが弱いからといって悪いわけではなく、メンタルが弱いからこそ他人の気持ちの変化に敏感に反応できるといったメリットもあります。強いメンタルが欲しいという人は、ぜひメンタルが強い人の特徴を真似してみましょう。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
コーヒーブレイク コラム